日本三名園のひとつ「兼六園」のそばにある「石川県観光物産館」。石川・金沢の有名・老舗の銘菓・佃煮・伝統工芸品など名産・特産品を一同に集めた商業施設です。

石川県観光物産館オンラインショップ

施設概要

所在地
〒920-0936 石川県金沢市兼六町2番20号
事業主体
協同組合 石川県観光物産館
代表者
理事長 作田 一則
創業日
昭和53年7月29日
出資金
165,950,000円
組合員数
40社(準組合員7社含む)
役員数
14名
従業員数
男:3名 女:18名 パート:9名
延床面積
2150.17㎡ (約650坪)
地上3階地下1階建
業種
小売業、観光業
事業内容
石川県の伝統工芸品や特産食品など地場産品を展示即売 また和菓子・ガラス・伝統工芸の体験をとおして地域起こしに貢献

当館設立の経緯について

石川県は、藩制時代から受け継がれた伝統的な特産工芸品並びに名産品に大変恵まれた土地柄であります。 九谷焼・金沢箔・輪島塗・山中漆器・金沢漆器・加賀友禅・金沢仏壇・牛首紬・七尾仏壇、加賀刺繍等、伝産法にもとづく国の指定業種十業種に及んでいます。

これは、京都に次いで全国第二位にランク付されています。 さて、戦前には兼六園に、県営の石川県商品陳列所が設置されていましたが、昭和23年11月火災で焼失し、その後復元できないままになって居りました。

肝心のお膝元においてこれら県産品を一堂に展示即売する施設が無いという事で大変困っていました。

その為『本物を適正価格で販売する施設』の設置願望も強く県・市や、金沢商工会議所、石川県物産協会等が中心となり関係業界協議のうえ昭和51年12月に協同組合を設立し、昭和53年7月に創業したのであります。